先週末の北岡最後開催マスター プラクティショナー コース第五モジュールでの白板風景


Office Kitaoka Inc.
Vol.60: 2020.4.9

『新 北 岡 泰 典 メ ル マ ガ 』

************************************************************************
NLP黎明期に欧米で創始者から直接直伝を受け、以後三十年間にわたり
研究・実践してきている北岡泰典は、米国西海岸のGAFA各企業の経営者に
匹敵するイノベータを国内で育成する目的で、正式に、本公開メルマガを
通じて、社会全体に情報発信していくこととなりました。
************************************************************************

コロナ ウイルス緊急事態宣言考

【最新情報 1】 「イノべーティブ NLP プラクティショナー養成講座」の紹介ページが、先日、正式公開されました。

http://www.innovative-nlp.com/

本メルマガの下部にメルマガ読者限定「先行予約受講費割引キャンペーン」の告知があります。本キャンペーンの期間は明日までです。

【最新情報 2】 4/11、4/21 開講予定だった「独創的なイノベータ輩出ワーク」は、区関連会場が「緊急事態宣言」で閉鎖されたため、キャンセルとなりました。

【最新情報 3】「北岡ビデオ語録&講義シリーズ」が、毎日 0:00 に配信されています。閲覧を希望される場合は、以下の Youtube 検索をされたら、常時、配信済みの「北岡ビデオ語録&講義シリーズ」全バックナンバーをリスト化することができます。

https://www.youtube.com/results?search_query=「北岡ビデオ語録&講義シリーズ」

「NLP コーチング マスター」、「エグゼキュティブ ライフ コーチ」の北岡泰典は、今回、これまでの自身の社会啓蒙の運動を広くひろめる目的で、「新北岡泰典メルマガ」という公開のメディアを使って、社会全体に情報発信していくことになりました。

なお、本メルマガの各号の冒頭のロゴの直下の写真として、毎回、北岡にゆかりのあるか、もしくは北岡自身が撮影した別の写真を掲載していく予定です。

本メルマガの発行者は、オフィス北岡事務局 (www.office-kitaoka.co.jp) です。

本メルマガの受信を今後希望されない場合は、以下のページで購読解除していただけるようお願いいたします。

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aHSnDpwAk

本号は、「新北岡泰典メルマガ」第六十号です。

本号では、以下のトピックがカバーされています。

1.「北岡式明鏡止水ワーク」FAQ その三十八

//////////////////////////////////////////

1.「北岡式明鏡止水ワーク」FAQ その三十八

本号では「北岡式明鏡止水ワーク FAQ その三十八」が紹介されています。

FAQ Q60: 4/7 に発令された「緊急事態宣言」についてコメントがあるようですが。

FAQ A60: そうですね。前々から、私自身は、コロナ ウイルスの事態は、社会全体が過剰反応してきているのでは、と思ってきていますが、今回の「緊急事態宣言」は、欧米のような「都市封鎖」までいっていないことは、非常に興味深いと思いました。

安倍首相の「緊急事態宣言」の席に同席していた医師は、欧米ほど厳格な条件を課さない理由として、国内では感染者数が欧米ほど激増していないことを挙げ、「クラスター対策」、「日本人の健康意識」、「国内の医療体制」がその背景にある、と説明されていました。

私自身は、この説明に納得できました。

反面、海外のメディアでは、日本のコロナ ウイルス PCR 検査の数そのものが少なすぎる、「緊急事態宣言」の条件が緩すぎる、という批判が相次いでいるようですが、かりにもし国内の PCR 検査体制の反応そのものが「恣意的に遅い」としても、死者数が欧米ほど激増していないことも、また否定できない事実だと思います。

巷では、ツベルクリン反応注射の BCG ワクチンとして、国内で使われてきている「東京172株」がコロナ ウイルスに対しての日本人の抵抗力を強くしているのではないか、という話がある一方で、米国ではマスクをしている人は変人扱いされてきたという事実や、欧米、特にラテン系の国々の、抱擁、キスその他の習慣から来る普段の人間間の距離の近さを考慮にいれたら、現在の欧米と日本の状況の劇然とした差は、合点がいくと私は思いますし、海外のメディアの批判は当たっていないとも思います。

以上は、あくまでも、私の「この時点」でのプライベートな私見です。

こういう状況の中、先週末に開講された最後開催マスター プラクティショナー コース第五モジュールでは、受講者の 1/3 の方々は現場参加されましたが、後の 2/3 の方々は Zoom でオンライン受講されました。

このようなオンライン開催は、初めての経験で、非常に興味深いものでしたが、オンラインの受講者には、「録画収録」ならともかく、今回のリアルタイムの「中継ワーク」については、一定以上のフラストレーションをもたれた方もいらっしゃったようです。

最終モジュールの開講については、現在、諸々可能性を検討中です。



開講されている「イノべーティブ NLP プラクティショナー養成講座」の概要は、以下のようになっています。

メルマガ読者限定「先行予約受講費割引キャンペーン」の期間は明日までです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【オンライン通信制「イノべーティブ NLP プラクティショナー養成講座」概要】

[紹介ページ] http://www.innovative-nlp.com/

[講師] 北岡泰典 (NLP インテグラル アソシエーション (オフィス北岡内) 代表)

[受講費] 税抜 36 万円 (税込 396,000 円)

[先行予約受講費] 税抜 30.6 万円 (税込 336,600 円)

[受講募集者数] 計 300 名

[養成講座内容]

1.オンライン基礎講座(平均1.5時間×12回: 全収録時間 17 時間)
    (12 の演習ノウハウを収録したビデオ動画)
2.基礎講座にある動画演習の特別解説ビデオ (12本: 全収録時間 5 時間)
    (各動画演習を特別解説した新規収録ビデオ動画)
3.特別個別セッション(2.5時間×2回)
    (12 個の演習を閲覧する「前」と「後」の 2 回の個人セッション。
    Skype もしくは Zoom での遠隔セッションも可能)
4.特別ビデオ教材恩典「バイブル オブ ザ バイブル: 必携基本教材シリーズ I:
    『コミュニケーション基本5技能: SRCF/C ワーク』」
5.北岡メルマガ『これが本物の NLP だ!』旧編 270 号バックナンバー&
    『Magic of NLP』の PDF 版を進呈
6.有料特別会員制「オンライン サロン」の 1 年間無料登録権
7.メール相談無制限(1年間)

[受講条件] 紹介ページに記載

[お支払い方法] 銀行振り込みもしくはクレジットカード (分割払いも可能です)

[主催・資格認定者] NLP インテグラル アソシエーション (オフィス北岡内)

[講座開講宣言] http://www.jnlpa.jp/innovative_nlp/#declare

[講座開講 FAQ] http://www.jnlpa.jp/innovative_nlp/#faq

[先行予約お申し込みページ]
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=azEvnUc

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

現在、配信サービス業者とのオンライン教材の配信設定の最終調整を行なっていることもあり、本日から 4 月 10 日までの期間、メルマガ読者限定「事前先行販売キャンペーン」を行うことにいたしました。

4/10 までに「先行予約お申し込みページ」

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=azEvnUc

からお申し込みされた方には、「15% オフの受講費割引」をオファーさせていただきます。

特別先行予約受講費は、通常、税込 396,000 円のところ、税込 336,600 円となります。

なお、先行予約は、このメールにあるお申し込みページからのみ、受け付けていますので、ご注意ください。

ご検討よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本号のメルマガの内容を興味深いと思われ、北岡ワークについてさらに情報がほしいと思われた方は、メールで以下までコンタクトしてください。

info@taiten.co

以上、よろしくお願いします。

北岡泰典



以上、今号のメルマガはいかかでしたでしょうか?

ご質問やご意見がございましたら、忌憚なく info@taiten.co までお寄せください。

「北岡泰典公式サイト」が開設されています。
http://www.kitaokataiten.com/

本メルマガの過去の号を以下のサイトで読むことができます。
http://www.taiten.co/newsletter/

本メルマガの無料定期購読の登録は以下で可能です。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aHSnDpwAk

本メルマガの閲覧登録解除は以下で可能です。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aHSnDpwAk

本メルマガの各号の私家版英訳が以下の英語サイトに掲載されていく予定です。
http://www.psychonautics.info/

本誌の無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2020, Office Kitaoka Inc. / Taiten Kitaoka. All rights reserved.