上は、3 月 7 日開講の北岡最後開催マスター プラクティショナー コース第三モジュール講義風景。
現在、コース途中参加あるいは単独モジュール参加お申し込みを受付中です。


Office Kitaoka Inc.
Vol.51: 2020.3.13

『新 北 岡 泰 典 メ ル マ ガ 』

************************************************************************
NLP黎明期に欧米で創始者から直接直伝を受け、以後三十年間にわたり
研究・実践してきている北岡泰典は、米国西海岸のGAFA各企業の経営者に
匹敵するイノベータを国内で育成する目的で、正式に、本公開メルマガを
通じて、社会全体に情報発信していくこととなりました。
************************************************************************

明鏡止水考 その二: 「北岡式明鏡止水ワーク FAQ」開始!

【最新情報】北岡最後開催のマスター プラクティショナー コースについては、3/21 からの第四モジュールからの途中参加が可能です。第四モジュールでは、無意識との交信を可能にする各種の「個人編集テクニック」習得されます。

北岡式NLP「マスタープラクティショナーコース」
公式サイト: http://www.jnlpa.jp/nlp/master.html

このコースは、北岡が1980年代の米国で開発者から学んだそのままの、本場仕込みのNLPのエッセンスを網羅的にお伝えする、3ヶ月徹底プログラムです。

現在、3 月 21 日からの「第4モジュール」からの途中参加者を募集しております。

途中参加情報: http://www.jnlpa.jp/nlp/master4/master_m4.pdf

第4モジュールでは、無意識との交信を可能にする各種の「個人編集テクニック」習得されます。第5モジュールでは、「DTI (憑依) モデリング」が習得される予定です。

単独モジュール参加も可能です。詳しくは、お問い合わせください。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=avbjUc

「NLP コーチング マスター」、「エグゼキュティブ ライフ コーチ」の北岡泰典は、今回、これまでの自身の社会啓蒙の運動を広くひろめる目的で、「新北岡泰典メルマガ」という公開のメディアを使って、社会全体に情報発信していくことになりました。

なお、本メルマガの各号の冒頭のロゴの直下の写真として、毎回、北岡にゆかりのあるか、もしくは北岡自身が撮影した別の写真を掲載していく予定です。

本メルマガの発行者は、オフィス北岡事務局 (www.office-kitaoka.co.jp) です。

本メルマガの受信を今後希望されない場合は、以下のページで購読解除していただけるようお願いいたします。

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aHSnDpwAk

本号は、「新北岡泰典メルマガ」第五十一号です。

本号では、以下のトピックがカバーされています。

1.「北岡式明鏡止水ワーク」FAQ その二十九

//////////////////////////////////////////

1.「北岡式明鏡止水ワーク」FAQ その二十九

本メルマガで紹介されている本 FAQ シリーズの名称を「拡張心理学:北岡式 NLP FAQ」から「北岡式明鏡止水ワーク FAQ」と変更することにしました。本号では「FAQ その二十九」が紹介されています。

FAQ Q44: FAQ シリーズの名称を「北岡式明鏡止水ワーク FAQ」に変更した理由をお聞かせください。

FAQ A44: はい、そうですね。あくまでも私の中では、「拡張心理学:北岡式 NLP」と「北岡式明鏡止水ワーク」は、実体としては同じものですが (「拡張心理学」は商標取得済で、「明鏡止水ワーク」は商標登録出願中です)、今後、私としては、今後、「明鏡止水ワーク」を全面的にブランディングしていきたいと思っていますので、あえて FAQ シリーズの名称を変更することにいたしました。

ちなみに、私は、現在、「明鏡止水師養成講座」を考えています (この講座は、一部、通信講座になる可能性があります) が、個人的には、「明鏡止水ワーク/基本人間コミュニケーション五技能 SRCF/C/催眠技能 (特にミルトン モデル)」を「完全習得」しさえすれば、ほぼ誰でも、極めて効果的な、独立した「Agents of Change」(クライアントの変容を支援する人。コーチ、カウンセラー、セラピスト、コンサル、士業の方々の総称。あえて訳すと「ファシリテータ」) になれると思っています。

このことを達成するための、おそらく唯一の条件は、ブルース リーが言った「私は、2 万通りの蹴りを練習する人は特に怖くないが、一つの蹴りを 2 万回練習する奴だけは怖い」という名言に、すべて集約されています。また、この名言は、「個人的天才 (各業界の第一人者)」になるための条件でもあります。

このことに関連して、3/4 に開講された「独創的なイノベータ輩出ワーク」第四弾「無意識活性化」イブニング ワークで、私は、「無意識シグナル」 (「6 ステップ リフレーミング」の簡易バージョン) のデモ演習を紹介させていただきましたが、他の団体のトレーナーと私のワークのレベルを「客観的に比較する」ことができるだけの「参照枠」をもった方がワーク参加者の中にいて、後で、この方は、私に、「このような種類の (極めて微細なカリブレーション、活用等ができる) 無意識ワークは、他で見たことがないです。これだけで、人は飯を食えると思いました」とおっしゃっていました (もしこの方の見立てが妥当であるとしたら、その唯一の理由は、私は、ブルース リーの金言 (具体的に言うと、「基本人間コミュニケーション五技能 SRCF/C」の徹底的練習と完全習得) を、過去三十余年間、愚直に実践し続けてきているからに他なりません!)。

このような「異次元のワーク」にご興味をもたれたら、北岡最後開催のマスター プラクティショナー コースの 3/21 からの第四モジュールからの途中参加もしくは単独モジュール参加を、ぜひご検討ください。

FAQ Q45: 3/4 に開講された「独創的なイノベータ輩出ワーク」第四弾「無意識活性化」イブニング ワークの講義風景の収録ビデオが配信されているとお聞きしました。

FAQ A45: はい、この第四弾「無意識活性化」イブニング ワークの前半部の講義風景が、以下に限定公開されています。

https://youtu.be/taQ8k0SdgVY

この収録ビデオは、「北岡ワーク」の認識論的バックグラウンドの包括的解説となっています。

本ビデオでは、2,500 年間続いてきている瞑想の歴史と 1960 年代の「西海岸文化」の共通点その他が語られています。

ただ、本ビデオは、1H30 の長さなので、以下に、5 分のショート紹介ビデオをアップさせていただきました。

https://youtu.be/-zibT2IIWN4

なお、「独創的なイノベータ輩出ワーク」の第五弾、第六弾、第七弾、第八弾のイブニング ワークの開講が決定しました。詳細は、以下を参照してください。

* * * * * * *

以下にあるのは、「独創的なイノベータ輩出ワーク」の第五弾、第六弾、第七弾、第八弾のイブニング ワークの開催概要です。

なお、本メルマガ読者の方々には、特別割引受講費 3,000 円 (税込) をオファーさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【北岡「独創的なイノベータ輩出ワーク」体験ワークショップ シリーズ
第五弾、第六弾、第七弾、第八弾イブニング ワーク開講概要】

[紹介ページ] http://www.taiten.co/workshops/

[会場] 都内新宿区開催 (受講者に個別にお伝えいたします)

[講師] 北岡泰典 (オフィス北岡代表)

[定員] 20 名程度 (4/1 ワークは 10 名限定)

[参加費] ワンデイ受講費 5,000 円 (税込)

[メルマガ読者特別参加費] ワンデイ受講費 3,000 円 (税込)

[対象者] 北岡ワークあるいはコース参加に興味ある方

[企画トピック (予定)]

3月19日(木)19:00 - 21:30: 第五弾「無意識 (霊界) との交信ワーク」
        予定演習名: 「無意識シグナル」

        注: 故船井幸雄氏は、「昔霊界と言われていたものは、今、
          無意識と呼ばれている」という名言を残されています。

4月1日(水)19:00 - 21:30: 第六弾「二律背反・葛藤を根絶する無意識ワーク」
        予定演習名: 「信念体系統合」

4月11日(土)18:30 - 21:00: 第七弾「幽体離脱としてのメタ力育成ワーク」
        予定演習名: 「三段階分離」

       注: 4/11 のワーク開講時間は他の日程の開講時間とは異なって
         います。ご注意ください。

4月21日(火)19:00 - 21:30: 第八弾「現実を仮想現実化する RPG ワーク」
        予定演習名: 「RPG ワーク」

[開催者] オフィス北岡 (http://www.office-kitaoka.co.jp)

[参加お申し込みページ]
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=apiUug

※プログラムは予定であり、若干変更になる可能性もございます。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本号のメルマガの内容を興味深いと思われ、北岡ワークについてさらに情報がほしいと思われた方は、メールで以下までコンタクトしてください。

info@taiten.co

以上、よろしくお願いします。

北岡泰典



以上、今号のメルマガはいかかでしたでしょうか?

ご質問やご意見がございましたら、忌憚なく info@taiten.co までお寄せください。

「北岡泰典公式サイト」が開設されています。
http://www.kitaokataiten.com/

本メルマガの過去の号を以下のサイトで読むことができます。
http://www.taiten.co/newsletter/

本メルマガの無料定期購読の登録は以下で可能です。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aHSnDpwAk

本メルマガの閲覧登録解除は以下で可能です。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aHSnDpwAk

本メルマガの各号の私家版英訳が以下の英語サイトに掲載されていく予定です。
http://www.psychonautics.info/

本誌の無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2020, Office Kitaoka Inc. / Taiten Kitaoka. All rights reserved.