上は、1988 年にニューヨーク市で撮影した写真。10 枚連続写真の八枚目。
全体で見ると、ある興味深い意味合いが浮き上がってくる不思議な写真群です。


Office Kitaoka Inc.
Vol.48: 2020.2.27

『新 北 岡 泰 典 メ ル マ ガ 』

************************************************************************
NLP黎明期に欧米で創始者から直接直伝を受け、以後三十年間にわたり
研究・実践してきている北岡泰典は、米国西海岸のGAFA各企業の経営者に
匹敵するイノベータを国内で育成する目的で、正式に、本公開メルマガを
通じて、社会全体に情報発信していくこととなりました。
************************************************************************

「明鏡止水師」養成講座?

【最新情報】北岡泰典の直伝としてはラストとなる「マスタープラクティショナーコース」の第2モジュールが先週末開講されました。

北岡式NLP「マスタープラクティショナーコース」
公式サイト: http://www.jnlpa.jp/nlp/master.html

第1モジュールに続き、第2モジュールでは、「明鏡止水」と NLP テクニックの同時適用の演習が行われました。極めて興味深い効果が達成されたと思います。

このコースは、北岡が1980年代の米国で開発者から学んだそのままの、本場仕込みのNLPのエッセンスを網羅的にお伝えする、3ヶ月徹底プログラムです。

現在、3 月 7 日からの「第3モジュール」からの途中参加者を募集しております。

途中参加情報: http://www.jnlpa.jp/nlp/master4/master_m2.pdf

第3モジュールと第4モジュールは、催眠中心のワークです。
第3モジュールでは、「エリクソン催眠」と「三重誘導」が習得される予定です。
第4モジュールでは、「DTI (憑依) モデリング」が習得される予定です。

単独モジュール参加も可能です。詳しくは、お問い合わせください。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=avbjUc

「NLP コーチング マスター」、「エグゼキュティブ ライフ コーチ」の北岡泰典は、今回、これまでの自身の社会啓蒙の運動を広くひろめる目的で、「新北岡泰典メルマガ」という公開のメディアを使って、社会全体に情報発信していくことになりました。

なお、本メルマガの各号の冒頭のロゴの直下の写真として、毎回、北岡にゆかりのあるか、もしくは北岡自身が撮影した別の写真を掲載していく予定です。

本メルマガの発行者は、オフィス北岡事務局 (www.office-kitaoka.co.jp) です。

本メルマガの受信を今後希望されない場合は、以下のページで購読解除していただけるようお願いいたします。

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aHSnDpwAk

本号は、「新北岡泰典メルマガ」第四十八号です。

本号では、以下のトピックがカバーされています。

1.新「拡張心理学:北岡式 NLP」FAQ その二十六

//////////////////////////////////////////

1.新「拡張心理学:北岡式 NLP」FAQ その二十六

本メルマガでは、新たに、「拡張心理学:北岡式 NLP」FAQ 質疑応答を掲載していくことにしました。本号では「FAQ その二十六」が紹介されています。

FAQ Q39: 「明鏡止水」ワークについて、さらに語ってください。

FAQ A39: 先週末開講された北岡最後開催マスター プラクティショナーコースの第2モジュールでは、第1モジュールに続いて、「明鏡止水」と NLP テクニックの同時適用の演習が行われました。極めて興味深い効果が達成されたと思います。

私は、現時点で、「明鏡止水」テクニックは、GAFA の原点である「西海岸文化の欠如」という致命的な「60 年間のギャップ」を埋めることができるので、日本社会を根底から変えていくと思っていますので、できるだけ多くの方々に体験していただきたいと思っています。

実は、マスター プラクティショナー コースの第3モジュール (3/7、3/8 開講) と第4モジュール (3/21、3/22 開講) は、催眠中心のワークを考えていて、第3モジュールでは、「エリクソン催眠」と「三重誘導」が習得される予定で、第4モジュールでは、「DTI (憑依) モデリング」が習得される予定です。

その中で、私は、第1モジュール、第2モジュールでの「明鏡止水」と NLP テクニックの同時適用の「実験」に続いて、第3モジュールと第4モジュールでは、「明鏡止水」と催眠テクニックの同時適用の「実験」を継続するつもりでいます。

私自身、1988 年にジョン グリンダー氏から NLP の直伝を受け始めてから三十余年間、ずっと「悟り」に近い状態で NLP あるいは催眠テクニックを実践し続けてきていましたが、本コースでは、私は、「明鏡止水」と NLP あるいは催眠テクニックを組み合わせたら、私が達成できてきているものと同じ効果を短時間で再生・達成できるかどうかの「実験」をしてきていますが、第1モジュール、第2モジュールの受講者の方々の反応を見るかぎり、この実験は、他の人々の中に同じ結果を再生させているという意味において、成功してきている、と言えます。

本メルマガ読者の方々で、この「奇跡」を共有体験されたいと思う方がいたら、3 月 7 日からの「第3モジュール」からの途中参加者を募集していますので、途中参加を検討していただきたいです。

途中参加情報: http://www.jnlpa.jp/nlp/master4/master_m2.pdf

ちなみに、急遽、3/4 (水) に 4H の「独創的なイノベータ輩出ワーク」イブニング ワーク (詳細は以下にあります) を開講することになったのですが、北岡の人となりをまず知りたい方は、このワークへの参加を検討してみてください。

「明鏡止水ワーク」に関しましては、本メルマガの前号でも示唆したように、「『RPG ゲーム』の『仮想現実・チョイス ポイント・メタ』は、精神世界系の『体・心・霊』に対応している」ので、この意味で、「明鏡止水ワーク」は「霊・心・体の整合ワーク」であると定義ができると思います。

また、前号で、「かりにもしですが、私から『明鏡止水セラピスト』と認定されて、自立したい方がいたとしたら」と書かせていただきましたが、私は、今、NLP 業界で上級認定資格をもっているのに実力を出し切れていない方々の (業界外からの) 「ブラッシュアップ支援」を真剣に考えていて、その私の思いの実現形態の一つとして、「明鏡止水資格認定講座」を開講し、その上で、プロの「明鏡止水師」を養成していこうと思っています。

この私の新しい動きに興味をもっていただける方々もいらっしゃると思いますが、3/4 開講の「独創的なイノベータ輩出ワーク」イブニング ワーク (詳細は以下にあります) は、「明鏡止水師養成講座」の説明会の場にもなりえるので、このワークへの参加を検討していただけたらと思います。

なお、「明鏡止水ワーク」と「明鏡止水師」の呼称は、現在、商標登録出願中です。

以上、よろしくお願いいたします。

* * * * * * *

以下にあるのは、3月4日(水)開講が決定した【「独創的なイノベータ輩出ワーク」第四弾「無意識活性化」イブニング ワーク】の開催概要です。

なお、本メルマガ読者の方々には、特別割引受講費 7,000 円 (税込) をオファーさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【北岡「独創的なイノベータ輩出ワーク」体験ワークショップ シリーズ
第四弾「無意識活性化」イブニング ワーク】

[紹介ページ] http://www.taiten.co/workshops/

[開催日程] 3月4日(水)18:00 ~ 22:00

[会場] 都内新宿区開催 (受講者に個別にお伝えいたします)

[講師] 北岡泰典 (オフィス北岡代表)

[定員] 15 名程度

[参加費] ワンデイ受講費 10,000 円 (税込)

[特別メルマガ読者割引参加費] ワンデイ受講費 7,000 円 (税込)

[対象者] 特に参加資格はありません。

[企画トピック (予定)]

3月4日(水):「無意識活性化ワーク」
        予定演習名: 「ガッツ フィーリング」、「コアフィーリング」、
              「トランスロジック」

[開催者] オフィス北岡 (http://www.office-kitaoka.co.jp)

[参加お申し込みページ]
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=apiUug

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

本号のメルマガの内容を興味深いと思われ、北岡ワークについてさらに情報がほしいと思われた方は、メールで以下までコンタクトしてください。

info@taiten.co

以上、よろしくお願いします。

北岡泰典



以上、今号のメルマガはいかかでしたでしょうか?

ご質問やご意見がございましたら、忌憚なく info@taiten.co までお寄せください。

「北岡泰典公式サイト」が開設されています。
http://www.kitaokataiten.com/

本メルマガの過去の号を以下のサイトで読むことができます。
http://www.taiten.co/newsletter/

本メルマガの無料定期購読の登録は以下で可能です。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aHSnDpwAk

本メルマガの閲覧登録解除は以下で可能です。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aHSnDpwAk

本メルマガの各号の私家版英訳が以下の英語サイトに掲載されていく予定です。
http://www.psychonautics.info/

本誌の無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2020, Office Kitaoka Inc. / Taiten Kitaoka. All rights reserved.