上は、1983 年に北岡が弟子入りしたインド人導師が西海岸オレゴン州に創設したコミューンの吹抜式大道場。
北岡は、この道場でダンシング瞑想をしている際、クンダリーニ覚醒の体験をもった。


Office Kitaoka Inc.
Vol.39: 2020.2.7

『新 北 岡 泰 典 メ ル マ ガ 』

************************************************************************
NLP黎明期に欧米で創始者から直接直伝を受け、以後三十年間にわたり
研究・実践してきている北岡泰典は、米国西海岸のGAFA各企業の経営者に
匹敵するイノベータを国内で育成する目的で、正式に、本公開メルマガを
通じて、社会全体に情報発信していくこととなりました。
************************************************************************

「無限の喜び」を思い出させてくれる「明鏡止水」テクニック

【最新情報】北岡泰典が直接指導する「北岡直伝」としてはラストとなるNLPマスタープラクティショナーコースが、2月8日にいよいよ開講となります。

http://www.jnlpa.jp/nlp/master.html

このコースは、北岡が1980年代の米国で開発者から学んだそのままの、本場仕込みのNLPのエッセンスを網羅的にお伝えする、3ヶ月徹底プログラムです。

なお、コース受講費 10% 割引キャンペーンが 2/7 まで延長されています。

NLPマスタープラクティショナーコースの詳細については、以下のURLから、資料をご一覧ください。

http://www.taiten.co/archive/leaflet/master.pdf

「NLP コーチング マスター」、「エグゼキュティブ ライフ コーチ」の北岡泰典は、今回、これまでの自身の社会啓蒙の運動を広くひろめる目的で、「新北岡泰典メルマガ」という公開のメディアを使って、社会全体に情報発信していくことになりました。

なお、本メルマガの各号の冒頭のロゴの直下の写真として、毎回、北岡にゆかりのあるか、もしくは北岡自身が撮影した別の写真を掲載していく予定です。

本メルマガの発行者は、オフィス北岡事務局 (www.office-kitaoka.co.jp) です。

本メルマガの受信を今後希望されない場合は、以下のページで購読解除していただけるようお願いいたします。

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aHSnDpwAk

本号は、「新北岡泰典メルマガ」第三十九号です。

本号では、以下のトピックがカバーされています。

1.新「拡張心理学:北岡式 NLP」FAQ その十七

//////////////////////////////////////////

1.新「拡張心理学:北岡式 NLP」FAQ その十七

本メルマガでは、新たに、「拡張心理学:北岡式 NLP」FAQ 質疑応答を掲載していくことにしました。本号では「FAQ その十七」が紹介されています。

FAQ Q27: いよいよ明日、北岡最後開催の「マスター プラクティショナー コース」が開講されますよね。

FAQ A27: そうですよね。開講が明日に迫っていますが、「明鏡止水」テクニックについて、二つのコメントがあります。

まず、昨日、私のクライアントと話をしたのですが、改めて、「明鏡止水」テクニックの「比較的簡単なフォーマット」の手順を踏めば、誰でも「明鏡止水」の状態にとどまることができるので、もしかしたら、今後、「英語の駅前留学」のように、「明鏡止水セラピスト」をたくさん養成することが可能なのでは、と思い始めてもいます。

しかし、この場合、セラピストの質を担保できないと、本物の質のワークが広く広がらないので、今後、「明鏡止水セラピスト」は、人間基本コミュニケーション五技能の「SRCF/C」の技能を徹底的習得ができていることが条件になると思います。

次に、「明鏡止水」テクニックの受講者の女性の方の感想を紹介させていただきたいと思いました。

※ 明鏡止水の感想

ピークエクスペリエンスの時に体がすっと楽になった感覚がありました。
頭もクリアになって、室温が上がったようにも思えました。
誘導されてスルスルと言葉が出てきて、「無限の喜び」というものが自分から
出てきたのが不思議なくらいでした。
Think Fromで下がっていくときの物事の捉え方の違い。
それには本当に驚きました。
体感するとよくわかりますね。
西海岸の革新的な人たちが常にこのようなことをして、
発想し、それを形にしていっていることが。
普段の過去の経験から予測した発想では全く思い浮かばないものです。
過去からのものは「積み上げる」であり、Think Fromは 「閃く」感じです。

ワーク後の様子。
セッション後、私はもう一つの仕事先で打ち合わせでした。
いつも渋谷で乗り換えるのですが、同じ駅なのになぜかウロウロと
道に迷ってしまいそうになりました。
そこで気がつきました。
「ああ、変容したんだ」
今回扱ったコンテンツは親による締め付けともとれるものです。
普段私は慢性的に緊張していたのでしょう。
それが緩んだのだと思いました。
仕事の打ち合わせでも、 先週はとても緊張して疲れ果てて帰宅しました。
セッション後は違いました。
基本的にはずっと楽でいて、少し緊張しそうになるとメタの自分が気づけて
ピークエクスペリエンスで出てきた「無限の喜び」を思い出します。
そうするとまた、すっと楽な気持ちになれるのです。
普段よりもすんなり、自分の意見を言えたりスムーズな打ち合わせでした。

一夜明けていつもなら朝が始まるのが憂鬱ですが、楽しくすんなり目覚めました。
無意識の思考がきっと止まっているんだと思います。
きっとまだまだ変化が続くでしょう。
受けた時よりも、それが徐々に浸透していく感じがあります。

素晴らしい機会をありが とうございました。
今後ともよろしくお願いいたします!


以上よろしくお願いいたします。

本号のメルマガの内容を興味深いと思われ、北岡ワークについてさらに情報がほしいと思われた方は、メールで以下までコンタクトしてください。

info@taiten.co

以上、よろしくお願いします。

北岡泰典



以上、今号のメルマガはいかかでしたでしょうか?

ご質問やご意見がございましたら、忌憚なく info@taiten.co までお寄せください。

「北岡泰典公式サイト」が開設されています。
http://www.kitaokataiten.com/

本メルマガの過去の号を以下のサイトで読むことができます。
http://www.taiten.co/newsletter/

本メルマガの無料定期購読の登録は以下で可能です。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aHSnDpwAk

本メルマガの閲覧登録解除は以下で可能です。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aHSnDpwAk

本メルマガの各号の私家版英訳が以下の英語サイトに掲載されていく予定です。
http://www.psychonautics.info/

本誌の無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2019, Office Kitaoka Inc. / Taiten Kitaoka. All rights reserved.