上は、1988 年にカリフォルニア大学サンタクルーズ校 (UCSC) で、グリンダー氏主催の
プラクティショナー コースを受講している時に撮影された同氏との写真。


Office Kitaoka Inc.
Vol.38: 2020.2.5

『新 北 岡 泰 典 メ ル マ ガ 』

************************************************************************
NLP黎明期に欧米で創始者から直接直伝を受け、以後三十年間にわたり
研究・実践してきている北岡泰典は、米国西海岸のGAFA各企業の経営者に
匹敵するイノベータを国内で育成する目的で、正式に、本公開メルマガを
通じて、社会全体に情報発信していくこととなりました。
************************************************************************

「本場の GAFA 的西海岸派の教え」に触れることのできる最後の機会

【最新情報】北岡泰典が直接指導する「北岡直伝」としてはラストとなるNLPマスタープラクティショナーコースが、2月8日にいよいよ開講となります。

http://www.jnlpa.jp/nlp/master.html

このコースは、北岡が1980年代の米国で開発者から学んだそのままの、本場仕込みのNLPのエッセンスを網羅的にお伝えする、3ヶ月徹底プログラムです。

なお、コース受講費 10% 割引キャンペーンが 2/7 まで延長されています。

NLPマスタープラクティショナーコースの詳細については、以下のURLから、資料をご一覧ください。

http://www.taiten.co/archive/leaflet/master.pdf

「NLP コーチング マスター」、「エグゼキュティブ ライフ コーチ」の北岡泰典は、今回、これまでの自身の社会啓蒙の運動を広くひろめる目的で、「新北岡泰典メルマガ」という公開のメディアを使って、社会全体に情報発信していくことになりました。

なお、本メルマガの各号の冒頭のロゴの直下の写真として、毎回、北岡にゆかりのあるか、もしくは北岡自身が撮影した別の写真を掲載していく予定です。

本メルマガの発行者は、オフィス北岡事務局 (www.office-kitaoka.co.jp) です。

本メルマガの受信を今後希望されない場合は、以下のページで購読解除していただけるようお願いいたします。

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aHSnDpwAk

本号は、「新北岡泰典メルマガ」第三十八号です。

本号では、以下のトピックがカバーされています。

1.新「拡張心理学:北岡式 NLP」FAQ その十六

//////////////////////////////////////////

1.新「拡張心理学:北岡式 NLP」FAQ その十六

本メルマガでは、新たに、「拡張心理学:北岡式 NLP」FAQ 質疑応答を掲載していくことにしました。本号では「FAQ その十六」が紹介されています。

FAQ Q25: 今週末に「明鏡止水テクニック」を公開されるようですが。

FAQ A25: 最近開講され、三十数名が受講した北岡「独創的なイノベータ輩出ワーク」の受講者の間でも、北岡が開発した「明鏡止水」テクニックに対する関心が非常に高まっていました。

「本当にやばいです!」を含む「明鏡止水」テクニック受講者感想が以下にあります。

http://www.taiten.co/newsletters/036.htm#faq23

「明鏡止水個人セッション」で、ワーク受講者に「信じられない」ことが起こっているようで、うれしいかぎりです。

この体験は、1988 年にグリンダー氏から NLP を学んだ時に私がもった体験に近いと思っています。

思うに、日本には「60 年のギャップ」があったので、どの日本人の NLP トレーナーも、「ピーク エクスペリエンス体感ワーク」を独自開発する「前」の私も、この「信じられない体験」を日本人の方々に引き起こすことはできなかったと思われます。

それくらいの意味を「明鏡止水」はもっていると思います。

これを背景として、2/8 に開講される NLP マスター プラクティショナー コースの第一モジュールで、「明鏡止水」テクニック (北岡が独自開発した「ピーク エクスペリエンス体感ワーク」と「RPG ゲーム」の併合テクニック) の完全習得の時間を設けることとしました。

つきましては、コース開講に際して、日程的なご都合により全日程ご参加できない方、あるいは、北岡のテクニック、特に「明鏡止水」の「体験ワーク」としてスポット受講(モジュール単体受講)ができる新たな制度を設けました。

このコース第一モジュール単体参加にご興味のある方は、以下のページを参照してください。

http://www.taiten.co/workshop/module_1.htm

FAQ Q26: 今週末開講の北岡最後開催のマスター プラクティショナー コースについて、一言いただけますか?

FAQ A26: そうですね。このコースでは、昨年開講された北岡最後開催のプラクティショナー コースでは、NLP を学習するために必須となる「GAFA 風西海岸式思考形態」を身につける目的で、「ピーク エクスペリエンス体感ワーク」が反復修得されましたが、同様に、本マスター プラクティショナー コースでは、同じ目的で、「ピーク エクスペリエンス体感ワーク」のバージョンアップ版である「明鏡止水テクニック」が反復修得される予定です。

本コースは私の最後開催コースなので、プラクティショナー コースを飛び級して、直接参加していただくことも許可していますが、「NLP を使える NLP 実践者」、「業界の第一人者として活躍できる人材」を育成することを最大の目的としています。

このため、今回のマスター プラクティショナー コースの構成は、以前とガラリと変わる可能性が大なので、サイト等で告知されている以前のコース プログラムとはかなり異なるものになる予定であることを予めご了承ください。第一モジュールでは、主に、プラクティショナー コースの復習と「明鏡止水テクニック」の完全習得がカバーされます。

ちなみに、コース受講者の構成は、十余名の参加者がいて、主に、会社経営者、中間管理職、医師、歯科医、コンサル、コーチの方々です。私の「古巣の業界」からの参加者はいないのですが、このことは、私が今後社会全体に訴求しようとしていることにおいては、いいことですが、反面、残念なことでもあります。

その意味で、まだ残席がありますので、私最後開催の資格コースで、NLP 業界の方々にも、ぜひ本物の NLP を学んでいただきたいと思っています。今後、私は、「GAFAJ」関連の社会的に大きなプロジェクトを遂行していくことになると思っていますが、その枠内で広く活躍していただける方々を探していますので、コース全体あるいは「第一モジュールの体験ワーク」をぜひ受講していただき、北岡ワークがいかに異次元の「本場の西海岸派の教え」であるかを体感していただきたいと思っています。

本号のメルマガの内容を興味深いと思われ、北岡ワークについてさらに情報がほしいと思われた方は、メールで以下までコンタクトしてください。

info@taiten.co

以上、よろしくお願いします。

北岡泰典



以上、今号のメルマガはいかかでしたでしょうか?

ご質問やご意見がございましたら、忌憚なく info@taiten.co までお寄せください。

「北岡泰典公式サイト」が開設されています。
http://www.kitaokataiten.com/

本メルマガの過去の号を以下のサイトで読むことができます。
http://www.taiten.co/newsletter/

本メルマガの無料定期購読の登録は以下で可能です。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aHSnDpwAk

本メルマガの閲覧登録解除は以下で可能です。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aHSnDpwAk

本メルマガの各号の私家版英訳が以下の英語サイトに掲載されていく予定です。
http://www.psychonautics.info/

本誌の無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2019, Office Kitaoka Inc. / Taiten Kitaoka. All rights reserved.