上の写真は、数年前に撮影した、北岡の知人のウィンストン チャーチルの親族が
共同所有するアイルランドのレスリー城の庭園。


Office Kitaoka Inc.
Vol.22: 2019.10.23

『新 北 岡 泰 典 メ ル マ ガ 』

************************************************************************
NLP黎明期に欧米で創始者から直接直伝を受け、以後三十年間にわたり研究・
実践してきている北岡泰典は、今回、業界に詳しい外部プロデューサとの協業
を始めたことを機に、自身の社会啓蒙の運動を広くひろめる目的で、正式に、
本公開メルマガを通じて、社会全体に情報発信していくこととなりました。
************************************************************************

第二十二号:北岡最後開催 NLP プラクティショナー コース「緊急簡易アンケート」実施!

【重要情報】 今号のメルマガでは、「緊急簡易アンケート」が実施されています。

【最新情報 1】 台風の影響で、各鉄道会社の計画運休その他の理由から、10/12、10/13 開催予定のコース第二モジュールがキャンセル・順延となりました。このため、第二モジュールは、10/26、10/27 に開催されることになりました。

【最新情報 2】 9/28、9/29 にプラクティショナー コース第一モジュールが開講されました。第二モジュール以降の受講者の追加募集が行われています! 詳しくは、以下のページをご覧ください。

紹介サイト: http://www.taiten.co/campaign/

【最新情報 3】 9 月末から、7 年ぶりに、文字通り「ファイナル ファイナル ファイナル」の「北岡プラクティショナー資格認定コース」が開講されています (「マスター プラクティショナー コース」の来年 2 月開催の日程も決定しています)。

紹介サイト: http://www.jnlpa.jp/nlp/prac.html

「NLP コーチング マスター」、「エグゼキュティブ ライフ コーチ」の北岡泰典は、今回、これまでの自身の社会啓蒙の運動を広くひろめる目的で、「新北岡泰典メルマガ」という公開のメディアを使って、社会全体に情報発信していくことになりました。

なお、本メルマガの各号の冒頭のロゴの直下の写真として、毎回、北岡にゆかりのあるか、もしくは北岡自身が撮影した別の写真を掲載していく予定です。

本メルマガの発行者は、オフィス北岡事務局 (www.office-kitaoka.co.jp) です。

本メルマガの受信を今後希望されない場合は、以下のページで購読解除していただけるようお願いいたします。

https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aHSnDpwAk

本号は、「新北岡泰典メルマガ」第二十二号です。

本号では、以下のトピックがカバーされています。

特に、FAQ 44 では、北岡最後開催 NLP プラクティショナー コース「緊急簡易アンケート」の参加呼びかけがなされています。

1.北岡最後開催「NLP プラクティショナー コース」FAQ その十四

//////////////////////////////////////////

1.北岡最後開催「NLP プラクティショナー コース」FAQ その十四

本メルマガでは、北岡最後開催「NLP プラクティショナー コース」についての FAQ 質疑応答を掲載することにしました。本号では「FAQ その十四」が紹介されています。

FAQ Q43: 北岡最後開催「NLP プラクティショナー コース」の第一モジュールの一日目と二日目の朝の講義と質疑応答について、コメントがあるようですが。

FAQ A43: 現在、編集の目的で、第一モジュールの収録ビデオを何度か見直していますが、一日目と二日目の午後の私のデモ演習の収録動画も、非常に有益な学習教材になると思いましたが、特に、一日目と二日目の朝の私の講義と受講者との質疑応答は、「とんでもない」内容になっている思いました。

私は、これまで、以前学院長として在籍していた日本 NLP 学院と私が代表の NLP インテグラル アソシエーション主催のプラクティショナー コース、マスター プラクティショナー コース、トレーナーズ トレーニング コースを、それぞれ 26 期、16 期、3 期開講してきていましたが、その中で、自分なりに最高の (グリンダー式) プレゼン スタイルを確立してきていたつもりで、今回の NLP インテグラル アソシエーション第 7 期プラクティショナー コースの第一モジュールの朝の講義でも、おそらく、これまでの最高のプレゼンが達成できているかと思います。

特に、今回の「北岡最後開催 NLP プラクティショナー コース」第一モジュールの一日目と二日目の朝の講義では、通常、私が講義中に使う「ネスティッド ループ」、「カリブレーション」、「活用」、「パターン中断」、「リフレーミング」、「ラポール」、「柔軟性」、「比喩」、「見える化 (デモ演習中に行われる、ファシリテータ自身が何をしているか、の明示的解説)」その他のテクニックがシームレスに、かつ縦横無尽に駆使されていて、改めて、国内ではおそらく私しかできない「グリンダー式プレゼン」の優雅さと効果性を自分なりに再評価した次第です。

さらに、「グリンダー式プレゼン」は、内容とは関係のないプロセスの領域ですが、コンテンツ的に言っても、第一モジュールでは、私が昨年秋に「共同開発」した、NLP テクニックを習得するための必須の「大前提的ノウハウ」となる「ピーク エクスペリエンス体感ワーク」の技能習得に全時間が費やされている、という意味で、第一モジュールの一日目と二日目の朝の講義は、本当に「歴史に残る講義内容」になっているかと思いました (何度か示唆してきているように、この講義内容とスタイルは、第二モジュールでも、同じように踏襲されることになっています)。

このため、私がコースの朝の講義で、いったいどういうことを達成しているかを、どうしても本メルマガの読者のできるだけ多くの方々にも知っていただきたいと思いましたので、急遽、FAQ44 にある「緊急簡易アンケート」を実施して、アンケート回答者の方々には、もれなく、アンケート参加特別恩典として、「北岡泰典最後開催プラクティショナーコース」の第一モジュール一日目の朝の北岡の講義と質疑応答を収録した編集済動画 (1 時間分) を無料閲覧していただくことにしたいと思いました。

このアンケート参加特別恩典動画を見ていただけたら、7 年間のギャップのために「切れが鈍っている北岡」(あるいは、「もう終わった北岡」) どころか、おそらく私の人生で最高のプレゼンをしている「Guhen at his best (神がかった最高のパフォーマンスを出している、『切れ切れ』の北岡)」を発見していだけるかと思いました (笑)。

FAQ Q44: 北岡最後開催 NLP プラクティショナー コース「緊急簡易アンケート」について、説明してください。

FAQ A44: FAQ43 にあるように、「神がかった最高のパフォーマンスを出している、『切れ切れ』の北岡」のプレゼンを、本メルマガの読者のできるだけ多くの方々に見ていただくという目的で、北岡最後開催 NLP プラクティショナー コース「緊急簡易アンケート」を、期間限定で、実施いたします。

アンケート参加特別恩典として、「北岡泰典最後開催プラクティショナーコース」の第一モジュール一日目の朝の北岡の講義と質疑応答を収録した編集済動画 (1 時間分) を無料閲覧したい方は、以下の「北岡最後開催プラクティショナーコース」アンケート フォームで 3 項目のアンケート質問に答えて、送信していただけたら、折り返し、特別恩典動画の限定ダウンロード法 (動画閲覧は、10/26 まで可能とします) をお伝えする受付メールが送られます。

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=ajrbGhylT

ちなみに、第二モジュールから参加される途中受講者の方々には、特別に、第一モジュール全体の収録ビデオを参考資料として、特別恩典提供させていただくことになっています。

アンケートへのご協力よろしくお願いします。

 

編集後記: 北岡最後開催「NLP プラクティショナー コース」の紹介サイトは、以下にあります。

http://www.jnlpa.jp/nlp/prac.html

 

本号のメルマガの内容を興味深いと思われ、北岡ワークについてさらに情報がほしいと思われた方は、メールで以下までコンタクトしてください。

info@taiten.co

以上、よろしくお願いします。

北岡泰典

 



以上、今号のメルマガはいかかでしたでしょうか?

ご質問やご意見がございましたら、忌憚なく info@taiten.co までお寄せください。

「北岡泰典公式サイト」が開設されています。
http://www.kitaokataiten.com/

本メルマガの過去の号を以下のサイトで読むことができます。
http://www.taiten.co/newsletter/

本メルマガの無料定期購読の登録は以下で可能です。
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=aHSnDpwAk

本メルマガの閲覧登録解除は以下で可能です。
https://1lejend.com/stepmail/delf.php?no=aHSnDpwAk

本メルマガの各号の私家版英訳が以下の英語サイトに掲載されていく予定です。
http://www.psychonautics.info/

本誌の無断転載は禁止されています。
(c) Copyright 2019, Office Kitaoka Inc. / Taiten Kitaoka. All rights reserved.